妊婦糖尿病とは?授かったら知っておきたい怖い病気

母体や胎児への影響は?妊婦糖尿病について知ろう

誰にでも起こり得る?妊婦糖尿病という病気

妊婦糖尿病ってどんな症状が出るの?

妊娠することによって、女性の体内は様々な変化をもたらします。その中のひとつに糖代謝機能が異常をきたし、「妊婦糖尿病」という診断を受ける妊婦さんがいます。糖尿病というと合併症が多く厄介な疾患というイメージがあります。なるべく避けたい疾患ですが妊婦糖尿病には自覚症状があるのでしょうか。
残念ながら、妊婦糖尿病には自覚症状がほとんどないと言われています。いつもより喉が渇いて水分を欲したり、トイレに行く回数が増えたりという症状は出ますが、糖尿病に関わらず妊娠中はそのような症状が出やすいため、気付くことはほぼない上に自分で判断することが難しいのです。糖尿病が恐いのは合併症です。自覚症状がないために発見が遅れ、気付いた時には合併症を引き起こしていたということは、よくあることです。

なぜ妊婦糖尿病になってしまうのか

ではなぜ妊婦糖尿病という疾患に罹ってしまうのでしょうか。
原因は主に二つの要素が考えられると言われています。まず、妊娠をした女性の体内では女性ホルモンが活性化されます。今までは卵巣で作られていた女性ホルモンが、妊娠したことで胎盤で作られるようになり、ホルモンを生成する臓器が変わってしまうのです。そのことで糖代謝を正常化するインスリンというホルモンにも変化が訪れ、通常通りの働きが出来なくなってしまうのです。
また、妊娠中は胎児に栄養分を多く摂られがちです。特にブドウ糖という成分を必要とするため、母体は大量にブドウ糖を欲する状態へと変化します。
インスリンの機能が低下してしまうこと、そして胎児がブドウ糖を欲することが妊婦糖尿病の主な原因であると言われています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る